特定調停とは?

借金問題を抱えている方へ!

今すぐ借金生活から脱出したい方は必見!
即時対応可能!安心と経験の実績!

弁護士法人サルート WEB 相談申込

特定調停とは?

借金問題は深刻化すると自分だけでなく家族や連帯保証人にも迷惑をかけてしまいます。

 

借金問題を一人では解決できないと判断したら、債務整理を行うのが良いです。

 

債務整理にはいくつかの種類がありますが、継続した収入がある人は特定調停を裁判所に申請すると良いです。

 

特定調停では借金の返済が難しくなった債務者の申請が認められれば、裁判所が債務者と債権者の話し合いを仲介し、返済額を減らすなどの合意が得られるように働きかけてくれます。

 

これによって残りの返済額が減ったり、返済条件が緩和されたりすれば、債務者は毎月の収入から少しずつ返済を行えるので負担が大幅に減ります。

 

取引履歴を開示し、当時の利息制限法の上限金利に基づいて計算し借金を減額し、それを分割で返済することになります。債権者の中には話し合いを拒否することもあるので、調停が成立するまでの時間に生じた遅延損害金や成立後の利息を払うケースもあります。

 

裁判所が申請を受け入れるのは、借金を減らして3年以内に返済できると考えられる人なので、収入が安定しているのが条件です。特定調停では自己破産のように成立後、従事できる職業に制限が出ることはありません。

 

また話し合う債権者を選択できるため、住宅や自動車などを守りたい場合は、ローンを組んでいる銀行や自動車ローン会社を外せば良いです。
裁判所に申請する時は、申立書や関係権利者一覧、財産状況が分かる明細書などを提出します。

 

他の債務整理と比べると、債権者の意思が和解に大きく関係しています。

 

例えば自己破産は裁判所が決定すれば債権者の合意は関係なく、小規模個人再生でも債権者の過半数あるいは債権額の2分の1以上が反対しなければ和解が成立します。

 

特定調停の場合は債権者を説得して和解に持ち込む必要があり、話し合いのたびに簡易裁判所に出廷しなければならないので、面倒に感じる人もいます。しかし財産を守ることができ、官報に掲載されないメリットは大きいです。

 

自分で行うと書類の準備などが面倒なので、専門とする弁護士や司法書士に依頼すると良いです。

 

話し合いに合意すると、調停調書が作成されます。債権者は返済が滞ったら給料を差し押さえる権利を持つので、借金が減れば本当に返済できるという人だけ利用するように注意します。

 

特定調停では過払い金に関しては関与しません。過払い金が生じている場合は、全てが終わった後に過払い金返還請求訴訟を提起します。

即時対応可能な優良弁護士事務所2社のご紹介!

特に優良な企業2社を程ご紹介致します。

サルート法律事務所

 

借金返済中心の生活から脱出!
・いつでも相談無料
・24時間365日受付可能!
・全国対応可能!
・初期費用0円!


弁護士法人サルート WEB 相談申込




リヴラ総合法律事務所

 

メールでの相談は、24時間対応が可能!
・費用の分割は最大1年OK!
・利用しやすい万全のサポート体制!
・女性スタッフ対応の安心受付


 

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込



借金問題を解決するならこの2社!
迷ったたらこちらがオススメですね。

全国対応可能の弁護士事務所

いつでもご相談無料で24時間365日受付可能!初期費用が0円
弁護士法人サルート WEB 相談申込