化粧下地には、ファンデーションのノリを安定させ、化粧崩れを予防する大事な役割があります。肌の悩みは年齢とともに変わってくるので、30代女性は20代の頃とは異なる化粧下地を選ぶ必要があります。そうすることで、30代女性の肌悩みを上手にカバーすることができます。

では、30代女性に合う化粧下地とはどのようなものでしょうか?

化粧下地の役割とは?

化粧下地には、ファンデーションのノリを良くすることや、肌のデコボコをスムーズにすること、紫外線をブロックすること、肌を明るく見せることなどさまざまな役割があります。

商品によってはシミやほくろなどが隠せるように自分の肌の色に合わせてカラーを選べるものもあります。また、くすみや肌荒れなどの肌トラブルのカバーにはコントロールカラーカラーで補正することも可能です。

30代女性の肌に合う化粧下地とは?

30代になるとしみやしわ、くすみなど20代の頃には感じなかった肌変化が気になり始める年代です。

そんな30代女性の肌には、保湿や紫外線ブロックなどの基本的な効果はもちろんのこと、30代の肌悩みに合った効果が得られる化粧下地を選ぶ必要があります。たとえば毛穴や小じわをカバーすることができるものや、くすみをカバーしワントーン明るい肌へ導けるものなど、自分の肌悩みに合った化粧下地を選ぶことが大切です。

また、化粧下地はほぼ毎日使用するものなので、価格も考慮に入れる必要があるでしょう。

オールインワンゲル化粧品なら化粧下地も要らない?!

オールインワンゲル化粧品は、化粧水や乳液、美容液などスキンケア化粧品がひとつに凝縮されたアイテムとして知られています。

多くの化粧品メーカーからこだわりのあるオールインワンゲルが販売されていますが、商品によっては4~10役の機能を果たすオールインワンゲルもあります。その中には、化粧下地の役割も果たしてくれるものもあります。

オールインワンゲルならたった1つの工程でスキンケアが済ませるので、下地化粧をつける手間も省けます。

特に育児や家事、仕事で忙しい働き盛りの30代にはスキンケアの時間を短縮できるおススメのアイテムです。まだ使ったことがない方は、自分の肌悩みに合ったオールインワンゲルを使ってスキンケアをはじめてみませんか?

まとめ

30代女性に必要な化粧下地の成分が配合されているオールインワンゲル化粧品もあります。

時短スキンケアが可能なオールインワンゲルを試してみませんか?