30代になると今まで感じたことがなかった乾燥やくすみ、しみ、しわ、たるみなどさまざまな肌トラブルに悩んでいる方は多いことでしょう。肌トラブルのほとんどは乾燥が原因で生じます。ですから、乾燥を改善すれば30代の肌悩みは解決することが可能です。

では、30代の乾燥肌におススメのスキンケアについてみてみましょう。

30代の乾燥肌に有効なオールインワンゲル化粧品

オールインワンゲル化粧品は、たった1つの工程でスキンケアが完了してしまうので、しっかり保湿効果が得られるか心配・・という方もいます。30代になり一度も使ったことがない方にとっては特にそう言えるでしょう。

しかし、乾燥肌の方でも配合されている”成分”をしっかり確認して選べば、適切な保湿ケアができ乾燥肌を改善させることは可能です。また、30代という年代は育児や家事、仕事で毎日忙しくしています。

オールインワンゲルならライン化粧品と違い、たった1つの工程でスキンケアを完了させられるので時間の短縮にもなります。

さらにリーズナブルな価格で家計も助かります。オールインワンゲル化粧品はまさに30代にとって最適なものと言えるでしょう。

乾燥肌に有効な美容成分とは?

各化粧品メーカーからさまざま商品がでているので”成分”に注目しながら選ぶことが大切です。では、乾燥肌に有効な美容成分とは何でしょうか?それは肌の保湿成分・細胞間脂質を生成する「セラミド」です。

セラミドはそもそも肌内部に存在している成分ですが、年齢と共にセラミドの量が減少し、それにより細胞間脂質を生成することができずに肌が乾燥してしまいます。ですから、セラミドが配合された保湿効果が高いオールインワンゲルを使えば肌の表面からセラミドを補うことで30代の乾燥肌を潤いに満ちたお肌へと導きます。

お肌に刺激を与えないようにしよう!

乾燥肌はお肌が敏感になっている状態なので、お肌にやさしい低刺激なものオールインワンゲル化粧品を選びましょう。

各メーカーはこだわりを持ち美容成分を配合していますが、配合されている成分によっては肌に刺激を与え、敏感に反応する場合もあります。ですから、可能ならお肌に不要な成分が配合されていないものがよいでしょう。

お肌に刺激を与える避けたい成分には、お肌を守ツバリア機能を溶かし肌に大きなダメージを与えるラウレス硫酸Na、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリンなどの合成界面活性剤です。

また、パラベンなどの防腐剤はアレルギー反応を引き起こす強い成分です。さらに殺菌作用のあるエタノールやアルコール、合成香料、合成着色料などお肌には刺激となりますので避けることができるでしょう。

まとめ

30代でもオールインワンゲルで乾燥肌から潤いのあるお肌へと導けます。その際には、保湿効果のある成分が配合されている低刺激な商品を選ぶのがポイントです。